結婚認定書と新車のプレゼント

結婚式スピーチの余興としてのゲームです。
二人の結婚を認定して初心者マークをプレゼントしましょう。そして新車のプレゼントもしてしまう大盤振る舞いですぞ。

ゲームで用意するもの
◆ゲーム参加者:新郎新婦、司会者、出席者2名
◆用意するもの:認定書、大きなキー2個、初心者マーク、シナリオ


ゲームの内容
新郎新婦の友人から二人の結婚を認める証書を授与し、新車をプレゼントしてもらうというセレモニーです。

1.あらかじめ結婚認定書と段ボールで作った車の大きなキー、段ボールで作った初心者マーク、そしてシナリオを用意しておきます。

2.司会者はあらかじめこのゲームの参加をお願いしておいた出席者2名に前に出てもらい、新郎新婦にシナリオを渡して開始します。

司会者 :
これより新郎新婦の友人代表により、結婚認定書と新車のキーの授与式を行ないます。新郎新婦、ご起立願います。

「結婚認定書。池田勇人、雅美殿。
我々友人一同は、ここにお二人を確かに夫婦であることを認め、夫婦初心者として初心者マークを授与します。なお、ここに夫婦上級者よりの教訓を添えておきます。

二人ともスキンシップを大切にしなさい。風呂はいつも二人ではいること。新婦、風呂に入ったら、新郎のへその下を見なさい。シンボーという棒がついている。新郎、新婦のへその下を見ろ!ガマンというマンがついている。人生、辛抱とガマンである。

新郎新婦家庭見回り管理委員代表、クッキー坂井」などと言って、二人に認定書を渡します。


3.続いて新車のプレゼントに移ります。この時に新郎新婦にナレーションを読んで参加してもらいます。

司会者 :
これより友人一同から心を込めて新車をプレゼントいたします。これはこの世界に二つしかない、長い時間をかけて丹精を込めて作られました、最高級な乗り物でございます。この乗り物は60年、70年、いや大切にすれば80年以上は動く丈夫なものです。

新郎の勇人さん、最高級に恥じない運転をお願いします。

新郎 :私道ですので酔っ払い運転は?

新婦 :酔うと乱暴な運転になるから嫌です。しらふ優しく運転してください。

新郎 :毎日運転してもいいですか?

新婦 :できるものでしたら、どうぞ。

新郎 :新しい車が欲しくなっても乗り換えません。

新婦 :ありがとう。でも当然でしょ!

司会者 :末永くご愛用ください。

参加者新郎新婦に特製のキーを授与して終了です。

デジカメでメッセージ

二次会やパーティに来てくれた一人一人の顔とメッセージを記念に残したい。そんな新郎新婦のリクエストに応えます。

 

ゲームで準備するもの

◆ゲーム参加者:全員

◆用意するもの:デジカメ、プリンター。もしくはポラロイドカメラ。油性マーカー

 

ゲームの内容

出席者全員の記念写真をデジカメで(もしくはポラロイドカメラ)で撮影し、 その場でプリンターで印刷した写真にメッセージを書いてもらって新郎新婦に贈りましょう。

 

その場合、撮影して印刷する係りと、その写真にメッセージを書き込んでもらう係りの2名の協力が必要になります。

 

@撮影係りは、会場の入り口などに立ち、受付を済ませた出席者をひとりずつ撮影していきます。

 

A撮影した写真はその場で出席者に渡して、その写真は油性のペンでメッセージと名前を書き込んでもらいます。

 

Bメッセージを書き込んだ写真は、網ひとりの係りが回収し、アルバムに貼っていきます。ここまでの作業は、 会が始まる前に終わらせておきます。

 

C出来上がったアルバムは、会の途中で新郎新婦に記念品として贈ります。一生の思い出となるプレゼントとなるでしょう。

二次会やパーティが始まってから、撮影係が会場を回って撮影する方法もあります。会が始まり1時間ほどすると、 出席者もリラックスしているはずですから、表情もポーズも様々なスナップ写真が得られるでしょう。

 

●ポイント●

メッセージを書き込むには、油性のマーカーが最適です。黒だけでなく、白、黄色、ピンクなどカラフルな色を揃えておくと、 華やかな楽しい写真に仕上がります。

じゃんけんで大富豪

ゲームで用意するもの

◆ゲーム参加者:全員

◆用意するもの:百円玉、百円玉を入れる袋など。

 

ゲームの内容

新郎新婦も含めた出席者全員で百円玉や五百円玉を出し合い,じゃんけんで取り合っていくゲームです。

 

@ゲーム開始です。新郎新婦と出席者全員に、百円玉もしくは五百円玉ひとつを用意してもらいます。

 

Aじゃんけんをするために、新郎新婦と出席者全員に席を立ってもらい、近くの人とペアを組んでもらいます。 司会者の掛け声でじゃんけんをします。

 

B負けた人は席に座り、勝った人は新たにペアを組んでじゃんけんを繰り返します。 勝ち残った人数が少なくなると百円玉を持ちきれないことがありますから,袋などを用意しておくとよいでしょう。

 

C最後の二組ほどになったら会場の前に出てもらい、さらにじゃんけんを続けて優勝者を決めます。

 

D賞金は新郎か新婦に手渡したいところです。そこで、司会者は「それで優勝した○○さんに賞金として全額プレゼントします、 といいたいところですが、ここで新郎新婦にもう一度挑戦してもらいましょうか」と、ゲームを盛り上げましょう。

 

●ポイント●

最後の勝負でも、新郎もしくは新婦が負ける場合があります。こんなときには、優勝者に、 改めて百円玉を新郎新婦にプレゼントするように促すこともできます。

 

こんな演出はどうですか?

インパクト抜群の結婚式演出に!!号外新聞!インパクト抜群の結婚式演出に!!号外新聞!
おすすめ度 :
コメント:こんな結婚式の演出はどうでしょうか?

見る人によってはやりすぎに見えるかもしれません。
しかし、コンセプトはかなり真面目な企画になっています。

見た目の印象と記事の真面目さのミスマッチが意外と受けるかも。
タグ:号外新聞

背中で愛を感じて

密着して女性の背中をスリスリ。新郎新婦だけじゃなく、来賓のカップルにも参加をしてもらいましょう。

◆ゲーム参加者:新郎新婦、来賓のカップル
◆用意するもの:片手で握れる小物

【ゲームの内容】
来賓の中にカップルが多くいる場合は、是非やってみたいゲームです。もちろん新郎新婦も参加します。ゲームに使うものは、男性が片手で握られるものなら何でもかまいません。タワシ、携帯電話、ビール瓶、野菜や果物など、ウケルものを集めておきましょう。


@参加するカップルに、会場の前に出てきてもらいます。各カップルの女性は前向きで立ち、男性は女性の後ろに立ちます。ゲーム開始です。


A司会者は、男性の手に、あらかじめ用意した、品物を握らせます。女性には品物が見えないように注意してください。

B品物を握った男性は、パートナーの女性の背中にその品物を押し付けて、何であるか当ててもらいます。

C一度では、なかなか当たりませんから、いろいろな角度で品物を押し付けてもらいましょう。

D品物が分かった女性に手を挙げてから答えてもらいます。一番早く正解したカップルが優勝です。1位、2位、3位のカップルにはその品物をプレゼントしましょう。


●ポイント●
カップルの男性、女性それぞれが品物を持って抱き合い、お互いになんであるかを当てさせる方法もあります。ゲーム時間が長くなりますが、密着度が増し、難易度も高くなるのでおすすめのゲームです。

ピッタリ・スピーチ

結婚式の困り者といえば、だらだら長〜いスピーチ。それなら、これをゲームのようにしてピリッとさせちゃいましょう。

ゲーム参加者:出席者3人〜5人
用意するもの:ストップウォッチ、賞品


【ゲームの内容】
あらかじめ、出席者の中から、スピーチをしてもらう人を決めておき、30秒間でスピーチしてもらうことを伝えておきます。

@スピーチを披露する出席者に、会場の前に出てきてもらいます。司会者は、30秒ピッタリで行なうスピーチであることを説明します。まず、最初にスピーチする人を紹介し、司会者の合図でスピーチを始めてもらいます。司会者はストップウォッチや腕時計でタイムを計ります。

Aスピーチが終わったらその時間を発表します。30秒より短かった場合は問題ありませんが、あまりスピーチが長くなる(40秒から50秒を過ぎる)場合は、司会者が「ストップ」をかけて、スピーチを終了します。

B同じように次の人にもスピーチを述べてもらい、タイムを計ります。

C制限時間の30秒に一番近いタイムの人が優勝となります。優勝者には新郎新婦から素敵な賞品を送りましょう。


●ポイント●
スピーチの途中で、「20秒前です」「10秒前です」などと、経過時間を伝えると、緊迫感が増して盛り上がるでしょう。また、比較的リラックスした友人中心の会なら、事前にスピーチを頼んでおかなくても、その場で参加者を募ることができるでしょう。

余興とゲーム

余興でゲームをするのも盛り上げます。
主に二次会で行なうことになりますが、場をしらけさせないためには次の点を考慮して事前によく準備しておきましょう。



1. ゲームの内容はシンプルに。

カンタンで誰でも知ってるルールのものが望ましい。
例:ビンゴゲーム(レンタルショップで借りられる)
他に新婦に目隠しをして、一人一人に握手をて、誰の手が新郎なのかを当てる。これは事前の準備がほとんど要らない簡単なゲームで、結構盛り上がる。


2. 目玉景品は「もらってうれしいもの」を。
  高級食材やテーマパークのチケットなど、汎用性の利くものをチョイス。


3. 時間は手短に。余分になることは省きましょう。
  ゲームで時間が押さないように、無駄な余興は避けるように。



4. 演出はプロにまかせると楽。
  レンタルを活用したり、幹事代行業者に依頼するのも一手。


では、楽しい二次会といたしましょう。





余興とお笑い

結婚式の余興で定番になっているもののひとつに「取扱説明書」というのがあるのね。いろいろなバージョンがあるから、調べて見る面白いですね。
「取扱説明書」のバージョンとして、処方箋編、運転免許証編、車編、などいろいろなバージョンがありますね。

お笑い芸能人バージョンでやっても面白いでしょうね。スケバン恐子、次長課長、チュートリアル・・・彼らのネタをひねって余興に使ってみるのも面白い。

余興の長さ

結婚式での余興は、10分までを目安とするといいですね。
一組の持ち時間ですよ。あくまでも目安ですが。


「もっとやってくれないの?」と言われるくらいの時間がちょうどいいですね。

「エンタの神様」だって長さがちょうどいいものね。

似たような余興が続いたりダブらないように事前に内容を確かめて調整しておきましょう。

余興でのbgmもしっかりと事前に打ち合わせておくと良いでしょう。余興でdjをするのも面白いですね。

余興のネタは定番のものもあれば、自分で考えたものもあります。基準は招待客が楽しめるものにします。

余興の演出は考えることは必要ですが、過度にウケを狙うと、場をしらけさせたり、ヒンシュクを買ったりする可能性が大きくなりますか、控えたほうがいいでしょう。





結婚式 スピーチ 余興

結婚式でのスピーチ、余興前の挨拶。
いったい何をいったらいいの?余興の前の一言。
会場の雰囲気は和んでいます。披露宴の後半に入っています。

長い挨拶も緊張もしなくていいです。
明るい元気な声と笑顔で祝福を伝えるだけで充分です。
簡単な自己紹介とお祝いの言葉を述べてから、すぐに余興に入って大丈夫です。その場の雰囲気にあわせてリラックスしましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。