結婚スピーチで避けたい話題と忌み言葉

日本語としては問題はないとしても、結婚式でのスピーチのようなお祝いの席では、避けたい話題と使ってはいけない『忌み言葉』があります。

避けたい話題として、
・死、病気,災い,などの凶事
・新郎新婦の欠点や過去の異性関係
・自己吹聴
・セックスや下ネタ

離婚や不縁を表す忌み言葉については、最近はうるさく言われなくなりましたが、常識的に不快と思われるような言葉は避けましょう。とくに、おめでたい席なので、「死ぬ」「葬式」など死を表す言葉、「別れる」「離れる」のような離婚をイメージさせる言葉は使わないようにしましょう。

あまり忌み言葉にがんじがらめになって窮屈な結婚スピーチになっては逆に湿っぽい結婚式になってしまいますから、ある程度の幅は持たせながらもおめでたい気持ちが前面に出るような表現を心がけましょう。

参考のために忌み言葉を列挙してみます。

離婚を連想させる言葉
別れる・切れる・破れる・帰る・去る・終わる・戻るなど。

不和を連想させる言葉
冷える・あせる・失う・飽きる・さめる・消える・退く・倒れる・なくすなど。

これらは話の流れの中でなんともない場合もあるかもしれません。
聞いている人たちは言葉を厳重にチェックしているわけではありませんから、神経質になりすぎないことも大切かもしれません。

スピーチで盛り上がっているところや印象に残りそうなところでは気をつけましょう。明らかに忌み言葉を使ってしまいそれに気づいた場合はあわてずに、その場で、「すみません」と素直に謝るようにします。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40652418

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。