結婚スピーチの司会をするとき 「ご新郎ご新婦」

結婚式や結婚披露宴の司会を頼まれた時に注意すべきこととして、敬語の使い方があります。


最近の結婚式の司会者で増えている耳障りな言葉が、「ご新郎ご新婦」です。何にでも「お」や「ご」をつければ上等言葉になるというものではありません。「お」や「ご」のつけにくい言葉もいろいろあるのです。


「新郎新婦」というだけで十分です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40160718

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。