結婚式のスピーチの主題(テーマ)を発展させる

結婚スピーチを準備する場合、一番大切なのは主題の選定です。
主題とは話の要旨であり、「要するにあなたの言いたいことは何ですか?」という問いに一文(ワンセンテンス)で述べたのが主題ということになります。このことについてはこのブログですでに述べました。


結婚スピーチの主題が決まりましたら、今度は話の持ってゆく方法です。つまり、話の発展させる方法を考えなければなりません。


発展の仕方には参考としていくつかの型があります。

・基本形:なるべく基本の路線から外れないで話を発展させる方法。

・変形型:基本路線にクイズ、占い、替え歌などを盛り込む方法。

・エピソード挿入型:新郎新婦の面白いエピソード、癖、ほのぼのとした失敗談、あまり知られていない意外な面などの経験談を盛り込む方法。


これらの型を参考にし、自分にあった仕方で組み合わせて結婚スピーチを発展させていくことができます。


両親、親族の場合は、基本形で手短に行なうのがよいでしょう。基本形に従っても、自分の言葉で話すなら、深い印象を与えるものになります。ウケを狙ったり、感傷的な演出は必要ありません。


主題を選定したら、紙と筆記用具を準備して、実際に手で書いて話の展開を考えてみましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39530648

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。