結婚スピーチの主題の選び方−新郎、新婦の同僚・友人または後輩の場合

《同僚・友人の場合》
一番気兼ねなく結婚スピーチの主題を選ぶことができるのが、同僚・友人といえるでしょう。


気兼ねなく結婚スピーチの主題を選ぶことができる立場を大いに活用しましょう。あなたは新郎・新婦の友人なのですから、人生訓とか家庭や結婚はこうあるべきだとかというようないわゆる紋切り型のスピーチをする必要はありません。


むしろ、日頃の付き合いの中から、自分しか知らないエピソードを盛り込むとよいでしょう。また、友人、同僚の結婚スピーチは中盤から終盤に架けて行なわれること思われます。変わった趣が欲しい頃です。余興やゲームを取り入れたりして会場を盛り上げる工夫を考えてみてはいかがでしょうか。


ただし、くだけすぎて結婚式のスピーチを台無しにしないように気をつけてください。


《後輩の場合》
先輩へのお祝いする結婚スピーチですので、日頃お世話になったことへの感謝の気持ちが表われるような経験談をスピーチするとよいでしょう。


例えば、あなたの失敗を助けてくれたこと、落ち込んでいたときには励ましてくれたことや、飲みにさっそてもらい楽しませてくれたことなどの経験を話すことができます。


ほめ言葉は難しいことや古くさい言葉を使う必要はありません。あなたらしい自分の言葉で充分です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。