結婚スピーチの主題の選び方−新郎、新婦との間柄を考える

結婚式スピーチの主題を選ぶ時に考える大切な要素のひとつは、あなたはどのような立場であるか、ということです。新郎、 新婦との間柄によっては、結婚スピーチに盛り込んだほうがよい話と、そぐわない話があります。

 

例えば、新郎、新婦が勤める会社の重役である場合、陥りやすい結婚スピーチの悪い例として、 最近の経済動向とか会社の宣伝がスピーチの大半を占めてしまうということがあります。結婚を祝福するというスピーチの目的から逸れています。

 

勤務ぶりを詳細に説明する必要はありませんが、入社面接で好感を持てた事柄や入社当時の意気込み、 また最近の勤務評価などを織り交ぜて、主役を立てる配慮が必要です。

 

また、両親の知り合いとか商工会の代表でしたら、新郎、新婦を直接知らない場合も多いようです。このような場合には、 自分の経験や信条としている人生君などを題材にして二人への激励や祝福の言葉を述べることができます。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。