末席ながらご挨拶を・・・

結婚式のスピーチで、披露宴に出席していることを「末席ならご挨拶を・・・」と挨拶している人が時にいます。

末席というという言葉は出席していることを謙遜している意味で使う言葉です。 普通の何かの集まりに出席している場合にはそれで通用します。しかし、「末席」という言葉は下座のことで、 良い席ではないという意味ですから、招待されている客が使ってはならない言葉です。

結婚式の披露宴に招待されたのに、「末席」という言葉を使うと、「良い席に座っていないところからご挨拶を」 という意味になってしまいます。それではあなたを招待してその席を割り当てた人に対して何かけちをつけたようなことになってしまいます。

では、どんな表現にしたら結婚式のスピーチにふさわしいでしょうか?

最も無難なのは、「おめでたい席をお借りして・・・」と言い換えるのいいでしょう。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37658629

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。