たとえを使って結婚式スピーチを盛り上げる

結婚式のスピーチで、エピソードなど、取り立てて言うことがない場合はどうしたらよいでしょうか?


二人の結婚生活や人生の新たな門出をたとえを使って話すとスピーチの展開を面白くすることができます。


例えば、「二人は今真っ白なキャンパスに絵を描き始めたばかりです。どんな絵が描かれていくのでしょうか?楽しいことも嫌なこともあるでしょう。でも、どうぞ、二人で立派な絵を結婚生活というキャンパスに書き続けてください」


また、スポーツに例えるならば、「二人は球場で強力なバッテリーを組みました。キャッチャーは女房役に例えられます。一郎さんはあなたのリードに従ってボールを投げてくることでしょう。上手にリードしてあげてください。たまに思いもよらないボールを投げてくることもあるでしょう、そのときはよく話し合いの場を設けるようにしてください。一郎さん、あなたは鮎実さんのリードに従っていれば家庭のことは安心です。仕事に打ち込むことができます。そして鮎実さんをしっかりと受け止めてください」



サイクリングが好きなら、「今、スタート地点に立ちました。これから、一緒に走る道は必ずしも平坦ではありませんね。でこぼこな道があります。上り坂があれば下り坂もあります。そして、思いがけないまさかの坂があります。いろんなロードがありますが、二人でこのサイクリングを楽しんで走り続けてください」


たとえを使う際にはあなたにとって身近なものというものより、新郎新婦にとって身近なもの、新郎新婦の好きなスポーツや趣味を例えに選ぶと一層効果的でしょう


タグ:たとえ 例え
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

結婚式でのスピーチ
Excerpt: 結婚式でスピーチを頼まれたら、3分を基本にスピーチをするように気をつけましょう。スピーチ自体は事前に依頼されるのが普通ですから、結婚式当日までに原稿を用意するようにします。
Weblog: 結婚式お悩み解決ドットコム
Tracked: 2007-04-16 22:04

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。