トンビが鷹を生むと申しますが・・・

結婚式でスピーチをする時に避けたい間違い表現。

これは言葉は間違っていないのですが、新郎または新婦が取引先の社長の子供であった場合、新郎または新婦をほめたたえるつもりで、「トンビがタカを生むと申しますか」とうっかり話してはなりません。

これは両親に比べて、子供が優秀であるという意味で、親に対しては失礼な表現になります。

では、これに代わる表現があるでしょうか?

「この親にしてこの子ありと申しますが」という表現があります。
この意味は、親が立派だとその子も親に似て立派になるという意味です。

ただ、この表現はもう一つの意味もあります。
それは逆の意味で、親が悪いとその子も悪くなる、と意味です。

しかし、おめでたい席でのこの表現はいい意味で使われますので、誤解を招くことはないと思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。