ひとつ誉めれば充分

結婚式でスピーチを頼まれたあなた、頭の中で何を考えていますか?


スピーチで、立派なことを言おう、あれも言おう、そうだこれも言おう、と欲張っていませんか?


これはスピーチをしようとする時に陥りがちなワナなんですよ。


普段立派なことを言っていないあなたが立派なことを言おう、言おうとすればあがって失敗してしまうでしょう。


あれも言おう、これも言おうと欲張ると、ポイントがぼけて、だらだらとしたスピーチになってしまいます。聞いている他の来賓も飽きてしまいます。


上手なスピーチのコツはネタをひとつに絞ること、新郎新婦のワンポイントをほめるということです。


ひとつでいいのです。自分との付き合いの中で「こういうことで彼が気に入った」「彼女のこういうところがとても好きです」というような的を絞ったスピーチにすることです。


的を絞ったら、他は削りましょう。削除しましょう。話の準備のコツは削ることなんです。


ポイントを絞ったスピーチは印象に残ります。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36884742

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。