仕事人ゴルゴ13

本日は、このおめでたい席にお招きいただき、まことにありがとうございます。津島君、新婦のユキさん、本日はおめでとうございます。私は、津島君と同じデパートに勤務しております千葉と申します。

私たちは、いわゆるバイヤーの仕事をしております。津島君は、本当に仕事熱心で、バイヤーのプロ中のプロといえます。休みの日といえども、ライバルの某王手デパートに出かけ、メモを片手に品揃え、棚構成、演出方法などを調べておりますし、折込広告も逃がさずチェックしていました。ですから、業者の方からどんなに熱心な売り込みがかかっても、商品がよくなければ受け入れません。

商売柄、業者の方から、ゴルフやお酒のお誘いが多いのですが、彼は「それは公私の公ですか?」と尋ねてやんわり断っています。

清廉潔白で徹底しており、そのプロ意識は、「ゴルゴ13」に通じるものがあります。まあ、「デューク・トーゴー」ほど渋くありませんが。せいぜい「島耕作課長」といったところでしょうか。

これは、しっかりしたスタンスを持ちながらも、愛嬌のある津島君を賞賛しているものです。善意にご解釈を願います。

円満なご家庭を気づいてください。

●ポイント
仕事中の人柄を称えてはなむけの言葉にします。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36812491

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。