結婚式 スピーチ 父

結婚式でのスピーチを父親が行なう場合は、大概は短いスピーチです。
大体はこのような感じでしょう。

「ご出席の皆様に謹んでご挨拶申し上げます。皆様方にはお忙しいところ、ご出席を賜り誠にありがとうございました。新郎・新婦はもとより私共にとりましても、この上の喜びはございません。両家を代表しまして厚く御礼申し上げます。
しかし二人とも何分にも未熟者でございます。至らぬ点も多いことと存じますが、今後ともよろしくご指導賜りますよう、お願い申し上げます。最後に、本日ご列席の皆様のご健康とご多幸をお祈りし、簡単ではございますが、私のお礼のあいさつとさせていただきます。 ありがとうございました。」

結婚式で父親(大抵は新郎の父)がスピーチをするのは、結婚式に出席してくださった方々へのご挨拶とお考えになるといよいでしょう。結婚式でのスピーチというよりも両家を代表して父がお礼を述べるという感じです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33147459

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。